肝斑のレーザー治療の注意点

肝斑のレーザー治療の後は、気を付けなければならない事がいくつかあります。ここでは、肝斑のレーザー治療後の注意点について、ご説明します。

紫外線まずは、洗顔です。
肝斑の治療の際、副作用として施術後は肌が乾燥状態になります。
ごしごし擦らず優しく洗顔し、洗顔後は素早く保湿する事を心掛けて下さい。
スクラブなどが入っている洗顔料は避けて下さい。
次に、日焼けです。
日焼けをすると肝斑が目立ってくる事があるので、効果を持続させる為に最低でも施術後2週間は紫外線対策をきちんと行ってください。
また、治療後は、かさぶたや内出血、腫れや赤み、ヒリヒリする痛みが現れる事があります。
かさぶたは無理矢理剥がそうとせず、赤みや痛みも数時間で治まるので、自己判断で市販薬を塗るなどの行為はやめて下さい。
時間が経っても症状が改善されなかったり、悪化した場合は、速やかにクリニックに相談して下さい。また、クリニックで処方された薬は、きちんと飲み切るようにしましょう。

クリニックにより、肝斑の治療で使用されるマシンや施術方法は異なります。効果も、個人差があります。施術後はきちんとセルフケアを行い、より効果を発揮させる為にも最低限守るべき事はきちんと守りましょう。

肝斑の施術内容

美容皮膚科での施術では、症状に合わせて光やレーザー、フォトフェイシャル、イオン導入、ケミカルピーリングなど、様々な施術方法があります。ここでは、肝斑の施術方法について、ご説明します。

顔シミの一種であり、治療が難しいと言われている肝斑は、主に女性ホルモンやストレスが原因と言われています。
その他にも紫外線や過剰摩擦、バリア機能の低下、不規則な生活習慣でも引き起こされます。
肝斑の基本的な施術方法は、レーザーや光治療などになりますが、その他にも様々な施術方法を組み合わせてアプローチする事がより、効果的といわれています。
通常のシミと比べて複数回の施術が必要であり、時間をかけて丁寧に改善させていきます。
肝斑のレーザー治療は、クリニックにもよりますが、メドライトC6やYAGレーザーなどの肝斑に最適なレーザーが使用されます。一般的なシミのレーザー治療は、レーザーの中心部分が一番エネルギーが高く、端部分はエネルギーが弱いものが使用されています。
肝斑はメラニンを作り出すメラノサイトが活性化しやすいので、このレーザー治療では悪化させる恐れがあり適していません。レーザーのエネルギーが均一に照射されるレーザーが使用されるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★関連記事

美容皮膚科とは

美容皮膚科とは、医学的な根拠に基づき皮膚の疾患の治療はもちろん、美容の観点からも美しい肌にする為に治療を行います。ここでは、美容皮膚科について、ご説明します。

医者美容皮膚科では、シミやしわ、くすみやたるみ、ニキビ、肝斑、毛穴トラブルの改善などを行っています。
また、カウンセリングによる正しいスキンケア指導も行ってくれる他、保険治療適応疾患に対しての非保険適応治療も自由診療にて随時行ってくれます。
その為、最新の美容専用マシンなどによる治療も可能で、より短時間で効果の高い治療が受けられます。
ニキビやあざなどは保険診療内治療での改善は難しいですが、美容皮膚科で行う保険診療外のより効果的な治療であれば、改善出来る場合もあります。
単に、疾患を改善させるだけでなく、なぜそうなってしまったのか、どのような治療が適しているのか、その治療が奏功した理由はなぜなのか、予防する為にはどうすれば良いのかを提案してくれ、治療を行ってくれます。
皮膚に関する医療知識の上にある美容であり、きちんと皮膚組織のレベルから問題解決を行う美容治療です。

美容皮膚科では、専門の知識を有したスタッフやドクターによるカウンセリングも行われており、一人一人の症状や肌質を考えながら最適な治療方法を提案してくれます。患者が理解、納得した上で治療を進めてくれるので、安心して任せる事が出来ます。
無料診断、体験を行っている美容皮膚科もありますので、肌の悩みを抱えている人は、一度受診されてみてはいかがでしょうか。